take5097’s diary

不動産登記事務所してまーす 仕事お願いします。またブログは何でもブログ 思いつきで書きます。

東京に大地震がおきたら……今から知っておくべき「首都圏特有」の課題と具体的対策とは

大都市部特有の課題は帰宅困難者に関する問題です。
これは東日本大震災時でも大きく取り上げられました。

当時、駅などでは大行列が発生して徒歩で帰宅する人が多くいました。
その数は車道にはみ出すほどの規模で、緊急自動車の移動も困難に。
建物の落下物や倒壊による被害の可能性も高まり、危険な状態になりました。









一方、計画停電により、電力が使えないことによる住民生活や企業活動へのダメージが少なくありませんでした。
2018年に発生した北海道胆振東部地震では大規模なブラックアウトが発生したことからも、電力が使えなくなった場合の備えが必要です。

大規模災害時は物流も混乱し、商品棚から商品が消える状態が継続されます。
この背景には、

1.都市交通の脆弱(ぜいじゃく)さ
2.消費者の約10%が「買いだめ」すると混乱する物流
3.デッドストックの最小化
4.都市の流通構造(生産拠点 → 流通拠点 → 各店舗の構造が多層かつ幅が広い)

などの課題があります。

なお、2011年の東日本大震災で購入状況の多かったものは順に、
水、インスタント食品・冷凍食品、電池、米などの主食、ティッシュ・トイレットペーパー、ガソリン、懐中電灯です。



この一台あれば、コロナ、ノロ、インフルエンザウイルス及び花粉に強力に聞きます
ウイルス対策 花粉対策にこの一台どうぞ 強力ですよ  花粉には、かなり楽に過ごせます
一度クリックして確認してみては? 損は無いですよ!!クリックはタダですよ



サーバー
一度クリックして確認してみては? 損は無いですよ!!クリックはタダですよ